2007年06月30日

リフォームは理事会の承認が必要

今日は理事会でした。
基本の議題を話し終えた後、思いきって、リフォームをする事を、
理事長、他の理事、管理会社さんがいる中で、話してみました。
すると、皆さん「全面リフォームですか!」と驚かれた様子。
実は、床や壁などのみのリフォームは前例があるけれど、
キッチンやお風呂まで変える全面リフォームは、我が家が初めてになるのです。
ちなみにマンションのリフォームと言うのは、まず始めに理事長の承認が必要なんですね。
その為「承認して頂けますか?」と聞いてみると、
続きの前にランキングも応援して貰えると嬉しい♪ 

「規約にかからない物であれば、大丈夫ですよ。
書類を揃えて頂ければ、すぐに判を押します。」と言って下さいました。
良かったぁぁぁ。
「期間も長いですし、音が心配なんですよ」と話すと、理事長の奥さんが、
「でも、それはこれから皆さんが順番に経験する事ですよね。
お互い様ですよ」と言って下さいました。
先日、総会で住民のクレーマー?^^みたいな物を目の当たりにした私は、
「リフォームなんてしたら、真っ先に目をつけられるんだろうなぁ」と
少し憂鬱だったので^^一人でも二人でも味方がいるのは、本当に心強いな、と思いました。

ここからもわかるように、マンションのリフォームを考えている場合、
近隣の住民とのおつきあいは重要ですね。

それと、我が家はたまたまでしたが、マンションをリフォームする場合、
理事になっておくと、話が進めやすいかも知れません。
これは、とてもラッキーでした。
もし、理事をしていなかったら、理事長の承認を受けるのももっと大変だったと思いますし、
一気にお話する場もなかったと思います。
今回、理事会ですでに4家族には、リフォームの事を直接話せて、
音がうるさくて迷惑がかかる事を自分の口からわびる事が出来た為、
とても意味があったと思います。
(もちろん、着工前には業者さんと一緒に各戸まわります。)

本日のリフォーム系人気blogのランキングはコチラ

posted by リフォーム妻 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム契約〜着工まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。